Abu/Fishing

ABU Garciaの創立者Carl August Borgstrom は1921年スウェーデンの南部Svangsta
にAB Urfabrikenを設立しました。
当初は懐中時計、電話タイマー、タクシーメーターなどの機器を製造しました。
1934年創設者の死去に伴い、代表となった息子Gote Borgstromですが、第二次世界大戦により
主力であったタクシーメーターは売れなくなっていきました。
子供の頃よりAbu Garciaの近くを流れているMorrum川でいつも釣りをしていた
Gote Borgstromは、釣具の販売を考案しました。
その後、釣具メーカーとして世界にその名を広めていきました。
スウェーデン王室御用達にもなったAbu Garciaはそのマークを会社のロゴとしました。

1941年 最初の Abu Garcia fishing reel「ABU Record」を発売。
1954年 アブガルシアはニューヨーク世界博覧会でアンバサダー5000を発売。
1955年 ABU 444は、同社初のスピニングリールが生成される。
1979年 倒産後1995年よりアメリカの"Purefishing"社に買収された。

現在日本国内では、その子会社のピュアフィッシングジャパンが様々なAbu Garcia製品を販売しています。


表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

15