PERFECTION VALOR WICK 500 パーフェクション 替芯500 キャリア付き [Tks-104]

PERFECTION VALOR WICK 500 パーフェクション 替芯500 キャリア付き [Tks-104]

販売価格: 2,250円(税込)

数量:
PERFECTION VALOR /パーフェクション 替芯500   

PERFECTION 500 バーラー500シリーズ /パーフェクション ストーブ替芯500が入荷しました。
パーフェクションストーブのキャリア付替え芯です。

パーフェクション750など500タンクを使用したものはほとんど適合します。

戦後アメリカ(米国ハップ社)から輸入されていたパーフェクションストーブですが、
その後日本でも販売が開始されました。
なんといってもガラス部分に炎が映りとても美しく輝いて見えます。
PERFECTIONストーブは、昭和の暗い部屋をとても明るくしてくれたと聞いています。
現在は純正の替え芯等は製造されていませんが社外品が製造販売されています。

*パッケージが違う場合があります。

★定形外郵便対応いたします。(クレジット決済対応不可)
 全国一律290円、紛失破損事故補償なし

★レターパックプラス全国一律500円
追跡はできますが、破損、紛失事故などの補償はありません。

*定形外郵便、レターパック発送をご希望の場合は、注文時備考欄にご希望を記載ください。
 後ほど送料を修正してご連絡差し上げます。

*商品の補償を担保されるお客様は、宅配便をご選択ください。

【対応機種】 パーフェクション/バーラー500シリーズ
110, 120, 130, 135, 140, 150, 160, 170, 210, 220, 230, 240, 260, 270, 510,
520, 525,, 530, 555, 560, 585, 630, 660, 700, 730, 735, 770, 750G, 780,
790, 810, 822, 1525, 1527, 1630, 1632, 1700, 1701, 1702, 1703, 1710, 1714
10R, 525R, 500F
700X
65B

■コンディション:新品未使用
交換後は30分以上灯油が浸み込むまで無理に芯を上下させないでください。
ハンドルや歯車等の葉芯の原因になります。
灯油が浸み込みましたらスムーズに可動するようになります。

箱が無地白箱など写真と違う場合があります。

■輸入品

=パーフェクションストーブ芯交換=

【ストーブ替芯交換の前準備】

1.道具
(1)古新聞またはいらない広告など
(2)ウエス
(3)ごみ袋(スーパー等でもらうビニール袋)
(4)ドライバープラス、マイナス、ニッパー
(5)耐油ビニール手袋または軍手
(6)使い古した歯ブラシなど
(7)ストーブの替芯

2.準備
・ストーブの下に古新聞または広告を敷く

3.ストーブ替芯の交換手順
(1)カバーのねじを外す(ネジが回りにくい場合は無理をせずクレ556など潤滑剤をスプレーして少し時間を置く)
(2)芯の上のギャラリを左に回してタンクから外す。(ガスケットに注意)
(3)ウイックレギュレーターハンドル(芯の上下ハンドル)を右に止まるまで回します。
(4)ハンドルが回らなくなったら芯を少しひっぱりながら、さらにハンドルを回すと芯が外れやすくなります。

4.ストーブ替芯の交換手順:取り外し
(1)取り付け前にできましたら、タンク内を灯油で洗浄しておきます。(少量)
(2)洗浄後の灯油はビニール袋に古新聞を入れておき、そこに流し込みます。
(3)芯だけを変える場合は、キャリアと芯を止めているステープルをマイナスドライバーを使って外します。
(外から無理して外すと切れてしまうので、内側の折り返しを伸ばしておきます。ホチキスのようになっています。)
(4)芯を外したら、キャリアを歯ブラシなどで掃除しウエスで拭きます。

※芯を取り外す前に、キャリアから何cm芯が出ているか測っておきます。
 新しい芯を付ける時これまで炎の出が弱かったなら、測った長さよりもう少し長く度すと良いです。)

5.ストーブ替え芯の取り付け
(1)新しいストーブ替え芯をキャリアにとおします。(均等にはめていきます)
(2)キャリアのギアの位置に替え芯の切れ込みを合わせます。
(3)替え芯はキャリアの上から38mmだします。
(4)キャリアに通りやすくする為、替え芯にしわがないよう押さえていきます。
(5)準備ができましたら、タンクにはめこみます。
(6)替え芯の切れ込みのある足部分をタンクの中へ入れ込んでいきます。
(7)キャリアが歯車の凹凸まできたらハンドルを右に回しながら、さらに芯を押していきます。
(8)ハンドルを回して芯が下がり始めたら成功です。
(9)何度かハンドルを回して替芯を上下させなじませます。
(10)ギャラリを元通りにはめて準備完了です。
(11)道具の後片づけ

6.点火
(1)ハンドルを左へ回し芯を下げておきます。(消火の位置)
(2)新しい灯油を入れます。(持越し灯油は使わないでください)
(3)約30分ほど待ちます。
(4)いよいよ点火です。(換気には十分注意してください)

※万一灯油や油をこぼした時の緊急対処法
油をこぼしてしまったとき、雑巾などで拭いてしまうと、反対に油汚れが広がってしまいます。

◇便利な技
1.こぼした油に小麦粉を振りかける。
2.雑巾またはぼろ布で小麦粉ごと拭き取る。

これだけで、小麦粉が油を吸い取ってくれるため、油を広げずに簡単に拭き取ることができます。
そのあと洗剤を付け、少し水で薄めたスポンジまたは2、3滴洗剤を床に落とし
十分水を含んだ雑巾などで拭き、最後にきれいな雑巾で仕上げると完璧です。

他の写真

PERFECTION VALOR WICK 500 パーフェクション 替芯500 キャリア付き [Tks-104]

販売価格: 2,250円(税込)

数量: