CARL ZEISS JENA BINOCTAR 7×50 双眼鏡 カールツアイス ビノクター 1919 [Hou-026]

CARL ZEISS JENA BINOCTAR 7×50 双眼鏡 カールツアイス ビノクター 1919 [Hou-026]

販売価格: 39,800円(税込)

サイズ: 60cm

商品詳細

CARL ZEISS JENA BINOCTAR 7×50 双眼鏡 ツァイスビノクター
■ドイツ *アンティーク 

CARL ZEISS JENA 7×50 ツァイスビノクター 双眼鏡が入荷しました。
1919年から製造された希少なモデルでBINOCTORの刻印があります。
イギリス軍やアメリカ軍、東ドイツ国家ほか広く愛された機種です。
1931年からBINOCTEMへと引き継がれています。
その後のモデルも現在もカールツァイス人気のロングセラーです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
横須賀・三笠公園には日露戦争において世界を驚愕させた日本海海戦、
1905年連合艦隊司令長官 東郷平八郎東の銅像がありますが、その肩に
下がっているのがCARL ZEISSの双眼鏡です。

艦上で砲弾や水しぶきを浴びても微動だにせず、双眼鏡で敵艦隊を確認し
バルチック艦隊に砲弾を浴びせ撃破したことが話や絵にも残っています。
その後の日本でも、軍の高級将校達の間で持つ人が多く、じきに憧れの双眼鏡となりました。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【コンディション】
小キズや塗装が薄くなった部分など経年劣化ありますが、操作性は支障無くスムーズに望遠操作はできます。

レンズを覗くとはわずかにうっすらと白く見えますが、曇りは内部レンズを清掃すればとれるようです。
革ケースは付属していますが中央部止め部分が切れています。

■生産国:東ドイツ イエナ工場
■メーカー:CARL ZEISS
■製造:1919年代〜1930年代

◇Carl Friedrich Zeiss/カール・フリードリヒ・ツァイス 1816-1888
1846年ドイツフランクフルトの東部JENA(イエナ)で、顕微鏡の製作会社として創業。
第二次世界大戦終了後に、その技術をアメリカとソ連がこぞって奪い合いました。

-CARL ZEISS JENA BINOCTAR-
ツァイスビノクター7x50は歴史的に重要な双眼鏡です。第一次世界大戦中の1915年に軍用双眼鏡D.F.
(ドッペルフェルンロール - 二重望遠鏡)7X50として始まり、1919年にビノクターと名付けられた民間版が導入された。
センターフォーカスモデルのビノクテム(1931年)を含む多くのバリエーションで作られ、
カール・ツァイス・イェーナが1990年に操業を停止するまで続いた。多くの第二次世界大戦のドイツの
7x50ポロI双眼鏡がこのデザインを使用し、その導入以来、特に1950年代から1960年代にかけて、多くの
日本メーカーによって広くコピーされました。

*アンティーク品は古いものですので、多少の汚れ、しみ、小傷や使用感などある場合がございますが、
時代〈年月)の積み重ねであり、新品にはない風合いや趣きをお楽しみください。

他の写真