CARL ZEISS JENA SILVAMAR/カールツァイス 軍用双眼鏡 [Hou-022]

CARL ZEISS JENA SILVAMAR/カールツァイス 軍用双眼鏡 [Hou-022]
SOLD OUT
CARL ZEISS JENA SILVAMAR カールツァイス 軍用双眼鏡 ■ドイツ *アンティーク 


CARL ZEISS JENA SILVAMAR カールツァイス 軍用双眼鏡が入荷しました。
カールツァイスの中でも希少な人気の軍用モデルです。
脱着式レンズ付き、昼は光を遮断し、夜間には視認性を上げるイエローレンズ
左右2個添付されています。
また右レンズには水平角度や距離を計算するメモリも入っています。

1942年製のJENA SILVAMARです。

1939年第二次世界大戦勃発時、中立国であったスウェーデンはソ連軍による侵攻を
恐れ、当時絶対的な力を誇っていたドイツ軍の指導の下、優れた武器や製品を購入
し軍備増強を図っていました。
こちらの「CARL ZEISS JENA SILVAMAR 」双眼鏡も、1939年ドイツ軍によって製造
されたものをスウェーデン軍が使っていたそうで、1942年nr975.の文字が刻印されて
います。

1905年日露戦争において世界を驚愕させた日本海海戦がおこりました、横須賀・
三笠公園には連合艦隊司令長官 東郷平八郎東の銅像がありますが、その肩に
下がっているのがCARL ZEISSの双眼鏡です。

艦上で砲弾や水しぶきを浴びても微動だにせず、双眼鏡で敵艦隊を確認しバル
チック艦隊に砲弾を浴びせ撃破したことが話や絵にも残っています。
その後の日本でも、軍の高級将校達の間で持つ人が多く、じきに憧れの双眼鏡
となりました。


【コンディション】
接眼目当て部分にかけがあります。(別途写真参照)

第二次世界大戦時に活躍した双眼鏡なので、多少のすり傷や僅かな凹凸などあり
ますが視認性には問題なく昼間はもちろんのこと、夜間でも少しの明かりでもよく見えます。


■生産国:ドイツ/スウェーデン軍
■メーカー:CARL ZEISS
■製造:1942年(昭和17年)
■備品:イエローレンズ2個


◇Carl Friedrich Zeiss/カール・フリードリヒ・ツァイス 1816-1888

1846年ドイツフランクフルトの東部JENA(イエナ)で、顕微鏡の製作会社として創業。
第二次世界大戦終了後に、その技術をアメリカとソ連がこぞって奪い合いました。

*アンティーク品は古いものですので、多少の汚れ、しみ、小傷や使用感など
ある場合がございますが、時代〈年月)の積み重ねであり、新品にはない
風合いや趣きをお楽しみください。

他の写真

CARL ZEISS JENA SILVAMAR/カールツァイス 軍用双眼鏡 [Hou-022]
SOLD OUT